ノリちゃんの英会話教室

一人英会話練習サイトです。英語が話せるようになるには話すこと。どんどん話しましょう。

単語の覚え方

単語は文章の中で覚えるのが一番苦痛が少なくて記憶に残るやり方だと思います。
本やネットなどの文章を多読して覚えていくのが王道。最初は簡単なものから始めてだんだん難しいものを読む。ただし時間はかかる。


手っ取り早く実力をつけたい人は単語集を使って覚えた方が効率がいい。
短い例文がついている単語集を使って例文の中で覚える。覚えた単語は自分で作文して使ってみる。それを何度も繰り返す。一冊の単語集を何十周も覚えるまで繰り返す。


私自身は単語学習の大半を単語単体と和訳を覚えるという方法で覚えたので、その辺は偉そうに言えませんが、それだとなかなか使える単語にならない。覚える段階から使う練習をして覚えた方が効率がいいと思います。


例文の中で覚えるという方法には弱点があります。単語そのものの意味を覚えなくても、周りの文章で意味が類推できてしまうので、それで覚えた気になっていると、違う文章で出てきてもサッパリわからないということがよくあります。
その弱点を克服するためには単語単体でも意味がわかるだろうか、自分で使えるだろうかと想像しながら覚えること。


単語学習の一番良い方法は優秀な先人のやり方を参考にして自分でやり方を工夫すること。
以下の方々のやり方を参考にしてください。


土屋雅稔さんのやり方は英検1級でる順パス単 (旺文社英検書)中上級者がぶつかる壁を破る英語学習最強プログラムの中で単語の覚え方について書いてみえますが、以下のサイトでも知ることができます。


森沢さんのやり方はものすごく参考になりました。


イングリッシュ・モンスターの最強英語術の菊池さんのやり方もおすすめ。
ニューズウイークなどの雑誌を辞書を片手に読んで、わからない単語があったらマーキングして意味を調べて雑誌の欄外に書く。翌朝の一定の時間を単語学習にあてて、何日分かさかのぼって復習暗記する。毎日この繰り返し。
実は私も菊池さんの本を読むはるか以前に同じことをやっていた時期があります。私の場合はペーパーバックを読んで、わからない単語の意味を欄外に書いて二週間分さかのぼって暗記復習していました。
この方法は、読む対象が自分のレベルや興味にあっていれば非常に有効な方法です。学生ならば教科書、資格試験ならテキストでこの方法をやるのがいいと思います。
重要なのは復習をしっかりやることです。


Atsuさんのやり方も大変参考になる。単語学習の王道。
まず驚くのは、その回数。一冊の単語集を何十周も繰り返しやって覚えている。これだけやらないと定着しないということ。
Atsuさんは、単語を覚える時に、「日本語訳を覚えるのではなく、その日本語のイメージを覚える」ことが大切だと言っています。


個人的には、全部の単語をイメージで覚えるのは難しいと思っていますが、日本語訳そのものを覚えるのではなく、本質的な意味を覚えるようにするという意味だと解釈しました。イメージで覚えられるものはイメージで覚え、それができないのなら、単語集の訳にとらわれずに自分の覚えやすい日本語をあてて覚えればいいのだと思います。英語が定着してくればどのみち和訳は消えていきます。


二番目と四番目のYouTubeが特に参考になる。



英単語暗記法 留学経験なしでIELTS8.0, TOEFL iBT103, 英検1級, TOEIC 990



英単語暗記法~実践編【CC字幕付き】IELTS8.5, TOEFLiBT 114, 英検1級, TOEIC 990

TOEIC満点、英検1級、IELTS8.5、TOEFL114の私が使用した最強の英単語帳を公開します

単語暗記は見出し語だけ? ATSU


このYou-Tubeを公開している人はAtsuさん。


単語の覚え方は人それぞれで万人に合う方法はないと思います。人のやり方を参考にして自分にあったやり方をみつけることも英語学習の一環だと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。