ノリちゃんの一人英会話教室

一人で英会話を練習するサイトです。たくさん話して会話力を上げましょう。

一人英会話で調べた英語表現の覚え方

辞書やネットなどで調べた表現はノートに書く。それを毎日二週間分さかのぼって復習、声に出して覚える。
具体的には、ノートの欄外に、言い回しを書いた日付けの二週間後の日付を書いておいて、毎日その日まで復習する。(14進法で1から14までの数字を順番に書いていく方法もあり。この方法だと途中で休む日があっても続けられる)


ノートの左端に覚える英語表現(フレーズもしくは文章)を書き、中央から右に日本語を書く。
単語だけ書き出すのではなく、会話で使えるようにフレーズもしくは文章ごと書くが、文章が長くなる場合は覚える部分にだけに(日本文、英文とも両方)アンダーラインを引いておいてそこだけ覚えるようにする。
書いた時にその場でその表現を何度か口に出して覚え、自分が言おうとした場面をもう一度やり直す。


書いたノートは二週間さかのぼって毎日復習する。
なぜ二週間分なのかというと、昔テレビを見ていたら、あるアメリカの博士の研究によると、人間が、名前や言葉などで意味のないものを長期記憶として定着させるためには、最低二週間記憶を保持させないと定着しないと言っているのを見たから。
自分なりに何日復習するのがいいのかをかなり長期にわたって試行錯誤したのですが、結局二週間がベストでした。


調べた表現を何でもかんでも書き出すというのは効率がよくありません。調べたらその場で何度か声に出して覚えるのが原則。書き出すのは今後も使っていくだろうという表現に限定すべきです。二度と使わないであろう表現や覚えにくいものを書き出して覚えてもすぐに忘れてしまいます。


英語表現の覚え方については、英語の学び方記事の「単語の覚え方」も参考にしてください。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。