ノリちゃんの一人英会話教室

一人で英会話を練習するサイトです。英検などの面接試験の練習にもどうぞ。

瞬間英作文、例文暗唱、音読の有効性について

私は今までに、瞬間英作文、例文暗唱、音読という方法で英語表現を学び、それぞれ相当の期間やったので、どの方法が有効かについて書きます。


まずは言葉の定義ですが、
瞬間英作文というのは、森沢洋介さんが提唱した方法のことで、日本文(和訳)を読んで英語が言えるように練習する方法です。


例文の暗唱は英文をそらで暗記することですが、やり方は瞬間英作文と同じなので、ここでは例文の暗唱も瞬間英作文に含めることにします。
音読というのは英文をそのまま読むことで、音読を推奨される人の代表は國弘正雄さんです。


英語表現を使えるようにするためにどちらの方法が有効だったかというと、どちらも有効ですが、それぞれメリットデメリットがあります。


瞬間英作文(例文暗唱)が有効な場合
瞬間英作文(例文暗唱)が有効なのは、決まり文句、基本構文、短い例文を丸暗記する場合に有効です。
決まり文句、基本構文は、日本文を見たらサッと英文が浮かぶように練習しないと口をついて出てくるようになりません。でも、暗記するには長すぎるような例文を無理やり暗記するのは効率的ではないし、無理やり暗記しても使えません。
瞬間英作文(例文暗唱)は英語表現を確実に覚えるために有効で、試験などには即効性がありますが、負荷が大きく時間もかかるので、学習の初期段階で基本的な言い回しを覚えるのに有効です。


音読が有効な場合
音読は、英語学習の初期の段階で行うと、英語特有の語順、文型、コロケーションを体得するのに有効な方法で、負荷が少ないのがメリットです。デメリットとしては回数をたくさんやらないと使える表現として身につかないこと。


私が思うには、英語学習を始める段階ではテキスト(文章)の音読ををやり、ある程度英語に慣れた段階で例文集で瞬間英作文(例文暗唱)を1~2冊覚える方法がいいのでは思います。また、例文を丸暗記するのではなく、自分が使うであろう部分だけを書き出して覚えることをお勧めします。
最終的には、英文を読んで、英文のまま表現を覚える習慣をつける必要があります。そうしないと一段上の英語力がついていきません。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。