ノリちゃんの一人英会話教室

一人で英会話を練習するサイトです。たくさん話して会話力を上げましょう。

英会話上達のためにすべき二つのこと

英会話を上達するためにすべきことは基本的には二つ。
一つはインプット(英語表現を覚える)。もう一つはアウトプット(英語で話す)。


インプットとアウトプットの方法はいろいろあって、どの方法がその人に合うのかは、個人の能力、目的、嗜好などに左右されるので、どれがベストかは一概には言えない。


インプットの方法
例文集で表現を覚える。(意味がわかればよしとする)
例文集で表現を暗記する。(和訳を見て英文が言えるようにする)
受験勉強で覚える。
本やニュースをたくさん読む。
映画や動画から学ぶ。
英会話教室に通う。
英検やTOEICを受ける。
英語教材で学ぶ。


アウトプットの方法
一人で会話練習する。
ネットで会話練習する。(レアジョブなど)
教材で練習する。(You Can Speakなど)
英会話教室で会話する。
旅行などで積極的に英語で話しかける。


私がベストと思う方法
 インプットの方法
  例文集で表現を覚える。(意味がわかればよしとする)
  例文集で表現を暗記する。(和訳を見て英文が言えるようにする)
 アウトプットの二つの方法
  一人で会話練習する。(当サイトの一人英会話)


英語表現を覚える(インプット)方法は、英文を読んで意味がわかればよいというふうに覚える場合と、和訳を見て英文が言えるようにする場合があります。日本文を見て英文が言えるくらいに覚えるのが理想ですが、すべての表現をそうやって丸暗記するのは効率的ではないし、丸暗記しても使えません。


英語の表現には二種類あって、聞いて意味がわかればいい表現と、何も見ないで口に出して言えないといけない表現があります。


口に出して言えないといけない表現というのは、自分が会話する時に使おうと思う表現です。会話する時に使おうとする表現は、決まり文句や基本構文など、丸暗記して使えるようにしないと使えない。その場合は日本文を見て英文を言えるようにするという方法が有効です。ただし、例文を丸暗記するのではなく、自分が覚えようとしている部分だけを覚えるか、覚えやすい形、自分が使うであろう形にアレンジして覚える。


聞いて意味がわかればいい表現は、自分ではほとんど使うことがない表現で、難しい本を読んだり、ニュースで聞いたりする表現です。


聞いて意味がわかる表現と、会話で使える表現には差があって、会話で使う表現は易しくて頻度の高いものを使っているはずです。


すべての表現を丸暗記して使えるようにする必要はなく、易しくて頻度の高い言い回しだけをしっかり覚えれば会話はできるようになるので、あとは必要に応じて、聞いてわかる表現を話せる表現にしていけばいいのではないでしょうか。


でも、それだけでは英語が話せるようにならない。本も読めるし、人の言っていることもわかるのに話せない。英語を話せるようになるには、アウトプットの練習をしないと話せるようにならない。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。